大阪娘の脱毛、美容日記〜マイナス10歳肌に見せる方法〜

容易に見えて実は難しい&リスクたっぷりのカミソリでの毛の処理

私が経験した自力での肌の除毛のリスクの1つがカミソリ負けです。

 

昔、私は初めてのサークルの合宿を前に、それはそれは張り切っていました。
ここでこそ女子力を見せなければ……!ということで、
少ない女子力を振り絞って、合宿前日に除毛をすることにしました。
残念ながら除毛クリームは肌が弱くて使えないので、完全に手作業です。

 

手作業で除毛しているといつも困るのは、肩の表裏のなかなか毛が剃り落とせない場所です。
生えているのが産毛なので、カミソリをかけてもかけても、剃り落ちてくれないのです。

 

やっているうちに腹が立ってきて、だんだん作業が荒くなってきました。
そのとき、不意に肩に痛みが走りました。
見ると、何度もカミソリを往復させたせいで肌がカミソリ負けして、血が出ています。
よくやってしまうので気をつけようと思っていたのに、力が入りすぎてやってしまった。
私は肩を落としました。

 

それから他の部位も剃っていきましたが、同じように、何カ所かカミソリ負けしてしまいました。
そして残ったのは、あきらかに除毛に失敗したことが分かる傷。
格好悪いことこのうえありません。

 

ごまかしようがないので、楽しみにしていた海に入るのはあきらめました。
お風呂も、みんなと違う早朝に独りで行くことに。
楽しもうと力み過ぎてこのざまです。
結局女子力の低さが露呈してしまいました・・・。

 

カミソリの処理は一番簡単そうに見えてそうではない!ということにこうやって気が付くんだと思います。